スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
刎頸之交(刎頸の交わり/ふんけいのまじわり)
2013-07-06 Sat 12:47
 たとえ、頸(くび)を切られても心をかえないほどの、真実の親しい交わり。生死をともにする親友。

 「和氏之璧(かしの・ヘキ/たま)」
 「連城の璧→完璧(レンジョウのヘキ・カンペキ)」

 に登場した、廉頗(レンパ)将軍と藺相如(リンショウジョ)のお話から出た言葉。

 とかく、文官と武官というものは仲の悪いもので、日本の例をみても、
 太閤秀吉の家来でいうと・・・

【Aグループ】加藤清正・福島正則など
【Bグループ】小西行長・石田三成など

 両グループは仲が悪いことで知られている。

 趙の恵文王は立派な家宝「和氏の璧」を持っていた。秦の昭王がそれを欲しがって、十五城(十五の領地)との交換を申し出た。これがいわゆる「連城の璧」で、十五の城(領地)を連ねるほどの値打ちがある家宝。その時の外交談判を買ってでたのが藺相如であり、璧を無事に完(まっと)うして帰ったことは「連城の璧→完璧(レンジョウのヘキ・カンペキ)」で紹介したとおり。

 この功労によって藺相如の位は、武官で野戦組の将軍、廉頗(レンパ)よりも上になった。

 おもしろくないのは廉頗将軍。「攻城野戦の功績がある自分が町人上がりの舌先三寸の男の下に居るとは残念だ。藺相如に会ったら辱(はずか)しめてやろう」といった。

 それを聞いた藺相如は、廉頗将軍と列席する必要のある時は、仮病で欠席した。また外出時に将軍を遠くに見かけると、車の方向を変えてかくれた。

 藺相如の家来たちは口惜しがって恥じたので彼はいった、
 「強国の秦(シン)をも恐れないで、秦王をしかりつけ国威を輝かした自分が、なんで廉頗将軍だけを恐れるものか。秦が強大な兵力を持っていながら、趙に手出しできないのは、この国に我々両人がいるからではないか。今両虎共に闘(たたか)えば、その勢いは、ともに生きない。だから国家の危急を大事だと思うから個人的な怨(うらみ)なぞは後回しにしているのだ」
 と。

 これを聞いた廉頗は、はだ脱ぎになり、いばらの鞭(むち)を背負って藺相如の邸に行き、「これで打ってくれ!」と謝罪して「刎頸之交」を結んだ。

相如曰:「夫以秦王之威,而相如廷叱之,辱其戝臣,相如雖駑,獨畏廉將軍哉? 顧吾念之,彊秦之所以不敢加兵於趙者,徒以吾兩人在也。今兩虎共闘,其勢不倶生。吾所以為此者,以先國家之急而後私讎也。」廉頗聞之,肉袒負荊,因賓客至藺相如門謝罪。曰:「鄙賤之人,不知將軍寬之至此也。」卒相與驩,為刎頸之交。

・・・今、両虎共に闘えば、その勢、ともに生きず。吾の、これを為すゆえんのものは、国家の急を先にして、而して、私讎(シシュウ)を後にすればなりと。廉頗これを聞き、肉袒(ニクタン)して、荊(ケイ)を負い、門にいたって罪を謝し、ついに刎頸の交わりを為せり。
(史記卷八十一廉頗藺相如列傳第二十一)

 それにしても、廉頗将軍。怒り方といい、謝罪の仕方といい、いかにも直情径行型の体育会系ですね。

[漢字家族・漢字の語源&ワードファミリー解説]
[漢字漢字漢字-漢字に関する書籍・漢字の本]



スポンサーサイト
別窓 | 故事成語 | コメント:0 | トラックバック:0 | top∧
<<背水之陣(背水の陣/絶対に用いてはならない戦術) | 漢字家族--語源とワードファミリー | 連城の璧→完璧(レンジョウのヘキ・カンペキ)>>
この記事のコメント
top∧
コメントの投稿


管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

top∧
| 漢字家族--語源とワードファミリー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。